HOME > ペットリフォーム

ペットリフォーム

室内でペットと一緒に暮らしたいという方も増えています。
しかし、もともと屋外で暮らしていた動物が、室内で暮らすようになると、それなりの不具合も生じてきます。
ニオイ、傷、汚れなど。
人もペットも快適に暮らせるよう、ご要望に合わせてさまざまなペット共生用リフォームプランをご提案させていただきます。

ペットリフォームってどんなもの?

1.床 Floor

一般的なフローリングは固くてすべりやすいため、ペットがすべってけがをすることがあります。
悪いすべり方をすると骨折や脱臼に至る場合もあります。
ペットの爪で傷がつくことも多いので、傷がつきにくい、すべりにくい床を選びましょう。
さらに、飲み水をこぼしたりして汚してしまっても掃除しやすい床や、防臭効果のある床もあります。
カーペットやクッション効果のあるフローリング、畳、タイルなど、ご要望に合わせてさまざまなご提案をさせていただきます。

2.庭 Garden

玄関の近くに、散歩から帰った後に足やお腹の下の汚れを流せるシャワー付き水洗があると便利です。
また、フェンスや門扉の設置がしてあれば、ペットが道路に飛び出すのを防ぐことができます。
フェンスや門扉は、柵の隙間や地面との間からすり抜けられないようなものを選びましょう。
さらに芝生張りなど、ご要望に合わせてさまざまなご提案をさせていただきます。

3.リードフック Lead hook

鍵の開け閉めや荷物の出し入れをする玄関周辺や、シャンプーをする洗面室や浴室にリードフックがあると便利です。
犬が引っ張る力はかなり強いので、リードフックは頑丈なものを選び、取り付ける壁面の強度も確認しましょう。
さらにペット用品収納など、ご要望に合わせてさまざまなご提案をさせていただきます。

4.潜り戸付き室内ドア Door

他の部屋に行きたいと、ペットがドアを引っかいて傷つけてしまったことはありませんか?
ドアの下部にペット専用のドアをつけて、ペットが自由に部屋を移動できるようにリフォームします。
ドアのサイズは小さなものから大型犬が通れるものまで対応可能です。
ペットの移動のためにドアを開け放しておく必要がなくなるので、冷暖房の節約にもなります。

5.壁 Wall

壁面は部屋の中でもっとも大きな面積を占めます。
ペットとの暮らしで気になるのがニオイの問題。
その壁紙を防臭効果があるものにするだけで、室内のニオイに大きな影響が出てきます。
また、引っかかれて傷だらけになったり体をこすり付けられ汚れたりしやすい箇所でもあります。
傷つきにくく、汚れても掃除しやすいものを選びましょう。
珪藻土や、ニオイを分解する機能を持つ壁紙、傷がつきにくい腰壁など、ご要望に合わせてさまざまなご提案をさせていただきます。

このページの先頭へ